So-net無料ブログ作成

スカウト

オールスターファン投票の発表がありました。

その中には、巨人の山口投手も選ばれていました。

彼の成績から云えば文句なし。

マスコミは「育成からのドリーム」だと囃し立てていますが、
球界関係者は、もっとこの事実を深く検討する必要があります。

それは、彼がまずはテスト生であり、ドラフト上位者でもなかった事。


話によると、山口投手は横浜の入団テストに落ちたそうです。

これは今の横浜フロントからすれば痛い話でしょうね。

今いない事が痛いのではなくて、彼の資質を見抜けなかったことが
対外的に恥ずかしいという痛さが大きいと思います。

ただ、それは過去であり、その時の事情もあります。
しかも選手も生物ですから、判断が難しいのも確かです。

ただ何故、獲得しなかったのか?
その時の担当者の評価は?
責任者は誰なのか?

仮に獲得したとしても、ベイに入団して、ここまで成長する事が出来たのだろうか?

巨人では何故成功したのか?
コーチが良かったのか?

勿論山口投手自身の努力であることは、云うまでもなく
ここでは最低ベースとして考えます。


私は、スカウト部門と云うのは非常に大事な仕事を担っていると思っています。
球団経営の中でも大きな柱です。


今年大活躍のルーキー、ソフトバンク摂津投手も下位指名。

彼を獲得したスカウトの理由、そしてそのスカウトへは対価をあげるべきです。


この件を書くとまだまだ奥深くなりますが、チームはまず選手でありき。
人材が全てです。

皆が良いと思う選手ではなく、今は無名でも数年後に期待出来る人材を獲得する
スカウティングを推奨し、実績を残したスカウトにはそれなりの対価を与えるべきです。

山口投手や摂津投手がたまたまの偶然の産物ではなく、まだまだ彼らのように可能性を
秘めている選手が全国に数多くいると思います。


その為にも、スカウトの地位向上をすべきです。

でなければ彼らのモチベーションは上がりません。

ちなみに私の知人は皆、熱心な方ばかりですけどね。
その方を見ていると、尚更スカウトの地位を高めないと行けないと思います。



nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

山田一郎

毎回面白い目線から書かれてて楽しみにしてます。有名な方が言ってましたが、テスト生というのは、事実上門戸を開いてなく、ファンサービスの一環だと語ってましたが、横浜のフロントに目がないということより、普通はみんな横浜みたいな態度だけど、巨人のフロントに見る目があったということなんでしょうかね…。
by 山田一郎 (2009-06-30 18:05) 

野球大好き

いつもブログ楽しく読ませていただいてます!(^^)/
実は山口投手は楽天の入団テストも受けましたが不合格でした。
横浜の入団テストを受けたとき偶然見ていた佐々木主浩さんが
フロントに獲得を勧めましたが却下されたそうです。
最後に受けた巨人の入団テストで当時二軍監督だった吉村さんが左の中継ぎで使えると判断して
原監督に推薦しました。

もし山口投手が楽天or横浜に入団してたらどうなってたか気になりますねw
by 野球大好き (2009-07-04 02:30) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。