So-net無料ブログ作成

人事

この時期になると、チームによっては監督去就の
話も出てくる。

既に順位(もちろん下位)が確定してしまった場合はほとんだ。

今朝の新聞にはロッテの投手コーチや、横浜の球団
社長人事について書いてあった。


人事は本当に大事である。
そのポストに本当に適しているかどうか。
間違えてしまうと、組織として根本から崩壊してしまう。

人事を行う方は、よくよく調べる必要があるでしょう。

球界には昔から、
「何でこの人が、残っているの?」という事があります。

実績もないし、特に技術理論もない。
人間的に惹きつけるものもない。

では何故残っているかと云えば、
それは、その方が持っているネットワークと、内部調整の
上手さだ。
要は、今誰についていけば良いのかと嗅ぎ付ける能力。


そしてその意欲は選手に向かってはいない。
球団本社や、その時のトップに気持ちは向いているわけです。

だから、その指導者のモチベーションは、コーチをすることではなく
如何に自分が来季も残ること、仮に解雇された場合、どこに
行けばいいのか?と云うことである。


これでは本末転倒の話である。


しかしコーチも生活が掛かっているわけだから、それはそれで当然の
行為であり、一番問題なのはそれを判断できない球団上層部、
つまりはトップの責任である。

もっと云えば、優秀なコーチほど、モノをはっきりと言うので
ぶつかりやすい傾向にある。

しかも依存度が低いので、自分から辞めてしまうのだ。

これは優秀な人材がどんどん減ってしまうことになりかねない。
ついては、選手にとってマイナスになるわけ。

トップの方は、自分にとって扱いやすい方ではなく、
チームに成果をもたらす人を雇用すべきであろう。


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(2) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 2

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。